オーデマ・ピゲの中でも人気の高い「ロイヤルオーク」を徹底解剖

オーデマ・ピゲの中でも人気の高い「ロイヤルオーク」を徹底解剖

1875年に時計の国として有名なスイスで誕生した高級時計ブランド、「オーデマ・ピゲ」。

オーデマ・ピゲは、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンと並ぶ世界の3大高級時計ブランドの一つです。

そんなオーデマ・ピゲの時計を代表するモデルの一つが、今回ご紹介する「オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク」です。

ロイヤルオークを以前からご存知の方はもちろん、初めて知る方もきっとその魅力に惹きこまれることでしょう。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークとは

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークは、世界的に評価の高い高級時計ブランドのオーデマ・ピゲを代表するモデルの一つです。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークは八角形のビッグサイズな文字盤が特徴的なラグジュアリーさとスポーティさといった一見相反するテイストを併せ持つモデルです。
高級腕時計で初のステンレススチール素材を使用し、これまでのスポーツウォッチの概念を根底から覆すモデルとして1972年に登場しました。

圧倒的な技術力で高い評価を得ていたオーデマ・ピゲでしたが、このオーデマ・ピゲ ロイヤルオークを世に送り出したことでその評価はより盤石なものとなったわけです。

今ではラグジュアリースポーツウォッチとして確固たる地位を確立したモデルとして認識されています。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークの魅力

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークに備わっている魅力を細かなものまで列挙するとキリがありませんが、その数々の魅力の中でも特に魅力的だと言えるのが、幅広いコーディネートにマッチするデザイン性です。

高級時計と言えば、フォーマルな格好にはマッチするもののカジュアルな格好になると途端に浮いてしまいがちです。

というのも、カジュアルな格好にも合うようにとデザインすると、どうしてもラグジュアリー感が消えてチープな印象が生まれてしまうため、洗練されたデザインにせざるを得なかったのです。

しかし、オーデマ・ピゲのロイヤルオークはそれを覆します。

高級時計ブランドとしてのラグジュアリー感を保ちつつも、スポーティーさを感じさせるデザインに昇華し、スーツなどのフォーマルな格好に合うのはもちろんのこと、Tシャツにジーンズというカジュアルな格好にも合わせても違和感がありません。

コーディネートのテイストを選ばないデザイン性の高さは、世界中のセレブや時計好きたちを魅了しています。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークのモデル

そんなオーデマ・ピゲ ロイヤルオークにはいくつかのモデルが存在します。

それぞれのモデルには特徴があり表情も異なってくるので、これから紹介していくそれぞれのモデルの特徴を参考に、どのモデルを購入するか検討することをおすすめします。

オフショアダイバー

高い機能性を誇る本格的なダイバーモデルでありながら、オーデマ・ピゲならではのラグジュアリーさは失わない。

ラフなスタイルにもマッチし、男性らしい無骨さを備えながらも大人のラグジュアリー感を漂う独特な魅力は一度腕にあててみると分かるはず。

オフショアクロノグラフ

1993年からコレクションに加えられることとなった、オフショアクロノグラフ。

オフショアクロノグラフはオーデマ・ピゲ ロイヤルオークをもっと無骨なデザインにした男らしいモデルです。

オフショアクロノグラフは一つ一つのパーツがハッキリとしているので、より存在感や威圧感のある時計を好む方は、オーデマ・ピゲ ロイヤルオークよりもオフショアクロノグラフを選ぶと良いでしょう。

エクストラシン

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークの40周年記念モデルとして製造・販売された、エクストラシン。

エクストラシンは限定復刻モデルということもあって非常に人気が高く、「見つけたら即買い」と言われる程のプレミアがついているモデルでもあります。

エクストラシンはオーデマ・ピゲ ロイヤルオークよりも薄くシュッとした印象が強いので、タイトなスーツに映えそうなスタイルとなっています。

デュアルタイム

国内での定価が200万円以上と、オーデマ・ピゲ ロイヤルオークの中でもよりラグジュアリーなモデルである、デュアルタイム。

すでに生産が終了されているモデルということもあって、よりプレミア感が高まっている一本です。

スタイルとしてはエクストラシンのようにシュッとしていてスッキリとした印象ですが、文字盤にクロノグラフが採用されていることもあり、適度な重厚さを兼ね備えているモデルでもあります。

ジャンボ

初代ロイヤルオークを意識してデザインされたモデルである、ジャンボ。
今ではエクストラシンに置き換わったモデルということもあり、プレミアのついているモデルでもあります。

デザインとしては非常にシンプルで、複雑なカラーリングなどは施されていません。

シンプルでありながらもしっかりとオーデマ・ピゲのロイヤルオークだとわかる一本が欲しい方におすすめです。

ダブルバランスホイール オープンワーク

これまで紹介してきたオーデマ・ピゲ ロイヤルオークのモデルの中でも一際希少価値の高いモデル、ダブルバランスホイール オープンワーク。

オープンワークというモデル名からもわかるように、中のギミックが見えるスケルトン加工が美しい一本です。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークを購入するときの注意点

実際にオーデマ・ピゲ ロイヤルオークを購入する場合、いくつか注意しなくてはいけないポイントがあります。

というのも、オーデマ・ピゲ ロイヤルオークは安いものでも数十万はする高級品だからです。

ここでは、オーデマ・ピゲ ロイヤルオークを購入する前に知っておきたい2つの注意点について解説していきます。

偽物(コピー品)に注意する

ブランドや製品の人気が高まってくると必ずと言っていいほど登場してくるのが、偽物(コピー品)です。

高級時計ブランドの代表とも言えるあるオーデマ・ピゲは知名度が抜群に高いということもあって、偽物も大量に出回っています。

一昔前までであればこういったコピー品は作りが雑ということもあり、見る人が見れば一発で偽物だとわかるようなものばかりだったのですが、最近ではスーパーコピーというものも登場し、非常に見分けるのが難しくなってしまっています。

スーパーコピーの製品はプロでも見分けるのが難しいので、一般の方が見分けるのはほぼ不可能だと言えるでしょう。

しかもスーパーコピーの製品は、本物に近づけるために結構な手間をかけて作られていたりもするので、価格が高いというのも厄介なところです。

そのため、オーデマ・ピゲのロイヤルオークを購入する場合は、これら偽物の存在に注意しなくてはいけません。

信頼と実績のある腕時計専門店での購入、あるいは通信販売で購入する場合はサイトや特商法に関する表記をしっかりと確認するようにしましょう。

保証内容を確認する

時計などの精密機械を購入するときに注意しなくてはいけないのが、保証についてです。

ロイヤルオークを製造・販売しているオーデマ・ピゲは時計大国であるスイス生まれのブランドだということもあって耐久性は高いのですが、精密機械である以上、故障は避けて通れません。

とはいえ、安いものでも数十万円はするタイプの高級時計ですから、数年で使えなくなってしまうようでは話になりませんよね。

そのため、保証内容の確認が非常に重要になってくるわけです。

こういった時計を販売している店舗や通販サイトでは年単位での保障が付帯していることがほとんどですが、稀に保証が無い店舗や通販サイトもあります。

また、保証に対して制限が設けられていることもあるので、購入する前にしっかりと保証内容について確認するようにしておきましょう。

また、こういった高級時計を長く愛用するためにはメンテナンスが必要不可欠になってくるので、メンテナンス体制が充実しているかどうかも確認しておくと尚良いでしょう。

まとめ

3大高級時計ブランドの一つであるオーデマ・ピゲ。

そんなオーデマ・ピゲを代表するモデルであるロイヤルオークは、時計好きはもちろん時計に興味のない人でも目を奪われてしまうような魅力を持った時計です。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオークは、ビジネスシーンはもちろんカジュアルな格好をすることが多いプライベートのシーンでも活躍してくれること間違いなし。一つの時計を長く愛用したいと考えている方にとってピッタリの一本だと言えるでしょう。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク一覧はこちら