誰かと同じじゃ物足りない! 愛すべき国産ブランド オリエントの魅力

誰かと同じじゃ物足りない! 愛すべき国産ブランド オリエントの魅力

ビジネスシーン、カジュアルシーンを問わず、社会人にふさわしい風格を身につけるうえで、質の高い小物選びは欠かせません。

なかでもスタイル格上げの決め手となるのが腕時計です。

海外の一流ブランドもいいけれど、ジャパンメイドにこだわりたい。
けれども誰かと同じじゃ物足りない…。そう感じているおしゃれ感度が高めの方におすすめしたいのが国産ブランドのオリエントです。

お求めやすい価格帯でありながら、本格的な機械式時計もラインナップ。

良いものを知る大人の男性に幅広く支持されています。
今回は周囲と差がつくオリエントの腕時計の魅力についてご紹介致します。

オリエントの歴史と概要

オリエントが創業したのは19世紀がちょうど幕を開けた1901年。
輸入時計を販売していた吉田時計店を前身としています。

その後、東洋時計製作所として1920年に置時計、1934年に腕時計の製造を開始しました。

のちにロングセラーとなり、現在でも看板モデルとして高い人気を誇る機械式時計「オリエントスター」が発売されたのは1951年のこと。
同じ年に、オリエント時計株式会社へと社名を変更しています。

その後も、1976年にLEDテクノロジーを搭載し一世を風靡した「タッチトロン」を発表。「デジタルエース」や「デジタル三世」などのヒット商品を連発するなど、セイコー、シチズンと並ぶ国産3大時計ブランドの地位を確立していきます。

1990年代に入ると機械式時計ブランドの「オリエントスター」を復活。再び本格的な機械式時計ブランドとして舵を切り、現在に至ります。

高品質でリーズナブル、オリエントの腕時計の魅力

オリエントは、非常に精度が高い自社製ムーブメントを国産にこだわって製造し続けてきました。

1935年頃に海外製品を参考に開発されたのを皮切りに、1958年にはオリエントにとっての基礎ムーブメントともいえる「N型」が登場。

良質な材質と高い加工技術に加えて、耐震装置が標準的に装備されており、現在でも問題なく使用できる水準の性能を有していました。

1958年に発表されたクラシカルな3針時計の名品「ロイヤルオリエント」に採用されたムーブメントとしても知られます。

1970年代にセイコーが特許を公開したのをきっかけに、クオーツが大流行。

オリエントもその波に乗りますが、1973年にオリエントスターの多くに採用されている「46系」と呼ばれるムーブメントを発表します。

クオーツが市場を席巻し、国内から国産機械式時計がほとんど見られなくなった80年代においても輸出用として「46系」を載せた機械式時計が製造され続けました。

現在もなお主力として活躍し、熟練の職人による美しい装飾が施されたムーブメントを視認できるスケルトンモデルなどに受け継がれています。

これほどまでに長く、また数多く製造され続けてきたムーブメントは「46系」をおいて他にありません。

その意味では、オリエントこそが国内を代表する本格的な機械式時計ブランドだといえるかもしれません。

オリエントとセイコーやシチズンとの違い

国内の腕時計ブランドとしては、国内外ともにセイコーとシチズンの知名度が圧倒的。そのため国産の腕時計が欲しいと思った方の多くがまずこの2ブランドを検討されるはずです。

セイコーは「9Sキャリバー」、シチズンは「Calibre 0100」など、ともに優れたムーブメントを自社で開発・製造しています。
外装も含め、どちらも隙のない作りで定評がありますが、オリエントの最大の魅力といえるのが、デザインのユニークさです。

1960年代に石を大量に埋め込んだ高級腕時計「グランプリ」が時計界で話題を呼ぶなど、ときに“強烈”と表現されるほどの独創的なデザインで多くのファンを魅了してきました。
時計は時間を知るツールであると同時に、ファッション性・趣味性を帯びたアクセサリーとしての側面も持ちます。

オリエントはその高い品質を備えながら、誰ともかぶらず誰にも似ていない、自分らしいスタイルを楽しみたいという方にうってつけだといえるでしょう。

また、故障や誤差の少ない高品質の自社製ムーブメントによってジャパンクオリティを有していながら、オリエントの腕時計の価格は極めて常識的。

非常にコストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。
知名度こそセイコーやシチズンには及びませんが、一目置いている時計職人も少なくないというだけあって、一度手にすると値段の安さには不似合いなスペックの高さにきっと惚れ込むはずです。

まとめ

国産の機械式腕時計に興味を持たれているという時点で、良いものを見極める目をお持ちのはずです。

セイコー、シチズンといった有名ブランドに劣らないスペックと品質を維持しながら、高いデザイン性と良識のある価格を実現しているオリエント。

ぜひ好みの一本を見つけて、普段とは一味違うスタイル作りにお役立てください。

オリエント一覧はこちら