腕時計と共に生きる~店長 阿部が語る過去、現在、未来~後編[スタッフ愛用時計vol.14]

腕時計と共に生きる~店長 阿部が語る過去、現在、未来~後編[スタッフ愛用時計vol.14]

私、腕時計専門店ジャックロードで店長をしております阿部と申します。
腕時計と共に生きる~店長 阿部が語る過去、現在、未来~前編はいかがでしたでしょうか?

前編でのお約束通り、後編では特にお気に入りの2本の腕時計のご紹介をメインにお話したいと思います。
今回ご紹介する2本以外にも数本の腕時計を所有しているのですが、私の腕時計選びの基準は全て直感です。
既に所有している腕時計との違いやその時々の流行、ブランドヒストリーなどといったことはあまり考えず、
腕もとに合わせたときの感覚に素直に従いながら選んでいますね。

さて、今回ご紹介するのはヴァシュロン・コンスタンタンとA.ランゲ&ゾーネの2本。
まずは最近特に出番の多いヴァシュロン・コンスタンタンをご紹介したいと思います。

この時計を購入したのは約4年前。まさに前述した直感を頼りに購入した腕時計です。
今年新作が発表されたのですが、私にはこちらのデザインの方がしっくりきています。
とは言えワンタッチでブレス交換が出来る点など、新作モデルにも要注目ですね。

2本目はA.ランゲ&ゾーネ。

ランゲ1については実は以前から少し気になっていました。
きっかけは某番組の収録にお邪魔した時のこと。
共演させていただいた山田五郎さんが着用されていたのがランゲ1でした。
ランゲについて熱く語るその姿がとてもかっこよく、同時に腕時計に対する愛情がひしひしと伝わり共感へと変わったのです。
程なくして紹介されていたものと全く同じモデルを腕もとにあててみたのですが、当時は何か違うと感じて思い留まっていました。
そんな折に偶然このシェル文字盤のモデルに出会い直感が働きました。
ランゲには洗練された魅力と腕時計を愛する人を惹きつける要素がたくさん詰まっていると思います。
シースルーバックから機械を眺めている時間はまさに至福の時。
当店のスタッフからも人気のブランドで、「いつかは欲しい」と憧れを持っている者が多いようです。

ジャックロードにお越しくださるお客様の中にも、そういった腕時計との”出会いエピソード”をお持ちの方が多くいらっしゃいます。
同じ腕時計好きとして時計談義はとても盛り上がりますね。
お客様は、本当に様々な目的で腕時計をお求めになられます。
大切なイベントのために着用するものを探しておられる方や、贈り物を探される方、既にお持ちのこだわりアイテムに合わせるものをお探しの方など、お客様の数だけ目的も様々です。
例えば所有されている車に合わせたり、旅行の度に買い替えをされる方など、そのスケールの大きさに驚くと共に刺激を受ける毎日です。
大きな話に思えてしまいますが、腕時計に限らず新しいものを選ぶということは特別なイベントですよね。
大好きな腕時計に囲まれて、そういったお客様の特別なお買物の手伝いが出来るのですから、私は本当に恵まれているなと常々感じております。

腕時計を所有される理由も人それぞれで、資産的な価値に重きを置いている方もいらっしゃれば、コレクションアイテムとして収集されている方もいらっしゃいますね。
私の場合は前編でも少しばかり触れましたように、ファッションアイテムのひとつとしてデザイン性を何よりも重要視していますので、手に入れたアイテムはどんどん着用しています。
現在5本ほど所有していますがワインディングマシーンはほとんど使わず、くまなく身に着けています。
腕時計は決して安い買い物ではないだけに、扱いは慎重になってしまいがちですよね。
ですが私は自分の直感に従って決めたものに誇りを持って使い続けることが何よりの愛情だと感じています。

情報や娯楽が溢れかえる現代。
便利な一方で人々の興味が分散され、大衆の意見に流されやすくなっているのではないかと感じることがあります。
1つのことに没頭することの楽しさ、自分が良いと思ったものは良いと、とことんのめり込むことの素晴らしさをもっとたくさんの方々に知っていただきたいと思っています。
そんな大人の趣味に、腕時計はうってつけのアイテムではないでしょうか。
自宅には私がこれまで夢中になって集めたものがたくさんあるのですが、集めた当時の思い出も含め、そのどれもが大切な財産です。
ジャックロードの店長として、凝り性な一人の人間として、
何かに夢中になる楽しさをこれからもお伝えできればと思っております。

スタッフ愛用腕時計の記事はこちら