本物は世代を超えて。満を持して日本に上陸を果たすチューダー(TUDOR)の魅力を徹底解説

本物は世代を超えて。満を持して日本に上陸を果たすチューダー(TUDOR)の魅力を徹底解説

スイスメイドの腕時計ブランドとして確固たる地位を築いているチューダー(TUDOR)。
これまで国内に正規店がありませんでしたが、2018年10月31日にいよいよ日本上陸を果たします。

チューダーは時計界の王者として君臨するロレックス(ROLEX)グループのファミリーブランドとして知られますが、その存在感は年々大きくなるばかり。

本家にない魅力も多く、もはやチューダーには「ロレックスグループの」という枕詞が不要となりつつあります。

そこで、今回は今後ますます人気が高まることが予想されるチューダーをいち早くチェック。

歴史や特徴、おすすめの人気モデルについて詳しくご紹介致します。

チューダー(TUDOR)の歴史。その高い技術と圧倒的なコストパフォーマンス

チューダー(TUDOR)の誕生から現在にいたるまで

チューダーが産声をあげたのは1926年のこと。

ロンドンで代理人によって商標登録されますが、1936年にはロレックスの創立者として知られるハンス・ウィルスドルフの手に渡ったことで、ロレックス同等の高い実用性と信頼性を持つ腕時計として担保されることになりました。

ブランド名であるチューダーは、かつてイングランドとアイルランドに王国を築いたチューダー家にちなんでいます。

しばらくチューダー家の紋章であるバラをトレードマークとしていましたが、1970年代以降は盾モチーフのロゴに。
12時の位置にあしらわれたバラのマークは俗に「チューダー・ローズ」と呼ばれ、「オイスタープリンス」をはじめどのモデルも希少なことから現在では高い人気を誇っています。

なお、国内ではこれまで本来の発音に近いチュードルの名で親しまれてきましたが、正規店が新たにオープンするのにあわせてチューダーの呼称が採用される運びとなりました。

チューダー(TUDOR)の腕時計だけが持つ特徴

ロレックスのファミリーブランドであることから、チューダーの腕時計にはロレックスの技術が惜しみなく注ぎ込まれており、オイスターケースなどロレックスと共有されているパーツも少なくありません。ロレックスと共に成長し、ブランドの魅力を高めてきたといわれるのはそのためです。
もちろん全てがスイスメイドですが、ほとんどのムーブメントは堅実な構造で知られ、オメガなど多くの一流ブランドの製品にも採用されているエタ(ETA)社製。

ほとんどのパーツをロレックスが製造し極めて高い品質を持っていながら低価格を実現しているのがチューダーの最も大きな魅力の一つといえるでしょう。

チューダー(TUDOR)人気の秘密。あえてチューダーが選ばれる理由

高い技術を有するマニュファクチュールブランドとして

チューダーはロレックスのディフュージョンラインとされることが少なくありませんが、それは決して的確な表現とはいえません。

というのも、最近ではムーブメントを開発・製造する動きを強め、自社製ムーブメントを搭載したモデルが増えてきているからです。

チューダーは時計界でもれっきとしたマニュファクチュールブランドとして認識されつつあり、もはやロレックスの普及版という形容は見当違いのものとなっているといえるでしょう。

製品のハイスペック化も進んでいます。チューダーでは、購入しやすいエントリーモデルとあわせて、ダイバーズウォッチやクロノグラフ、GMT(世界標準時)機能を備えたモデルなど、プロフェッショナルなアイテムを数多くラインナップ。他の一流ブランドに匹敵する高い技術力を備えることを強くアピールし、トップスポーツウォッチブランドとしての地位を欲しいままにしています。

例えばおすすめなのが、「イカサブ」の通称で人気の1968年以降に製造された「サブマリーナ」。

高い機能性を備え、ロレックスとは一線を画するユニークな時針とインデックスデザインが印象的な希少性の高いアイテムです。

高値で取引されることも少なくない、マニア垂涎もののアイテムとして知られる初期のクロノグラフ。

近年ではほとんど出回らなくなりましたが、個性的な配色をそのままに復刻した「ヘリテージ クロノグラフ」にも注目。新作の「ヘリテージ ブラックベイ GMT」も人気の高いアイテムの一つ。

自社製ムーブメントを採用し、2タイムゾーンGMT機能を搭載しています。

堅牢なボディにレザーベルトをあわせたトラッドとスポーティさの絶妙なバランス感覚の秀逸さは、チューダーならでは。

チューダー(TUDOR)の高いファッション性によるロレックスとの明確な棲み分け

高いファッション性もチューダーの魅力の一つ。

何を隠そう、他社に先駆けていち早くファブリック製のストラップを導入したのがチューダーでした。

さらに、2014年のバーゼル・フェアでの新コレクション発表以来、チューダーではNATOストラップを正式に採用。

スポーツウエアなどカジュアルファッションとの親密性が高く、ロレックスとの路線の違いを明確にしています。

複雑なジャカード織で仕上げられた純正品は、ランバン(LANVIN)などの名だたるメゾンを顧客とするフランスの工場が製造を請け負うだけあって、質の高さも折り紙つきです。

先ほどご紹介した「ヘリテージ ブラックベイ GMT」も、ベルトが変わるだけで驚くほどスタイリッシュな雰囲気に。

チューダーの懐の深さを感じさせる好例です。

これまで国内に正規の流通ルートを持たなかったことから、市場に出回っている数が少ないこともチューダーの腕時計の大きな魅力です。

大人が選ぶ腕時計として安易な感じがまるでなく、これ見よがしでもないからこそ身につけていて“周りとは一味違う感”をさりげなくアピールすることができます。

定番の王道ブランドと違って人と被ってしまうこともほとんどないはずです。

まとめ

チューダーの腕時計は機能、視認性、耐久性そしてデザインのどれをとっても一級品。

正規販売が開始されることで、今後は国内での地名度が飛躍的に上がり、ブランド力も今以上に高まることは想像に難くありません。

アンティークから新作まで、ラインナップが豊富な今のうちにぜひチューダー(TUDOR)の人気アイテムをチェックしてみてはいかがでしょうか。

チューダ一覧はコチラ