新生ブライトリングの第一歩「ナビタイマー8」

新生ブライトリングの第一歩「ナビタイマー8」

バーゼルワールドといえばジュネーブサロン(SIHH)と並ぶ、
時計業界の二大イベント(見本市)となります。

毎年の目玉と言えば「ロレックス」の新作発表が話題に上ることでしょう。
バーゼルワールド2018においても例年通りで、
今回は「ペプシカラー(青×赤)」のGMTマスターII・Ref.126710BLROが
話題を独占していたことは記憶に新しいのではないでしょうか。。

そんなバーゼルワールド2018において、
ブライトリングの「ナビタイマー」にも
衝撃とも言える新作が登場しました。
まずは百聞は一見にしかずということで、こちらをご覧ください。

ナビタイマーの伝統を覆す大胆なデザインで登場

「ブライトリング・ナビタイマー 8 クロノグラフ 43」

ナビタイマーシリーズとは一線を画すクラシカルでシンプルなデザインが新鮮でもあり斬新。
ムーブメントはオールドナビタイマー時代から搭載されているお馴染みの「Cal.13」。
防水性は100メートルにスペックアップされた2018年新作モデル。

「ナビタイマー 8」というモデル名は、ブライトリングが1938年当時
オンボードクロックを製造していた「ユイット(フランス語で8)・アビエーション」部門を
起源としたもの。言わばブライトリングの歴史的背景を加味したモデル名ということになります。

ナビタイマーといえばやはり「この顔」

ブライトリングのナビタイマーと言えば誰もが思い描くのが
「回転計算尺」を装備したこの顔となるでしょう。特に縦3眼の「オールドナビタイマー」ですね。

「ブライトリング・オールド ナビタイマー・ジャパンエディション・A132BJAMBD」

長らくナビタイマーの顔として認知されてきたのが
こちらの「オールドナビタイマー」ではないでしょうか。「ナビタイマー 8 クロノグラフ 43」と
共通の心臓部(Cal.13)を搭載しながらも、
回転計算尺の有無でこれほどまで印象が異なります。

 

自社製ムーブメント「B01」を搭載し「横3眼」に

ブライトリング自社製ムーブメント「B01」を搭載したことにより、
横3眼となった現行ナビタイマーにモデルチェンジした後も、
「オールドナビタイマー」は日本限定として生産終了モデルを
復活させた経緯があるほど、ブライトリング・ファンにとっては
忘れることができない「顔」でした。

「ブライトリング・ナビタイマー01・A022B01NP」

自社製「Cal.B01」を搭載したことにより横3眼となったナビタイマー01。
ゴールドの「翼ロゴ」も今後は「Bロゴ」に統一されるため、
昔からのブライトリングファンにとっては名残惜しい点ではないでしょうか。

 

それ故に今回登場した「ナビタイマー 8」の顔は今までの
所謂「ナビタイマー顔」ではないルックスに衝撃を受けたというのが
ブライトリング・ファンの偽らざる現状と言えるでしょう。

元IWCのCEOがブライトリングの新CEOに

この「ナビタイマー 8」のプロジェクトを指揮したのが、
2017年にブライトリングの新CEOに君臨することになった
ジョージ・カーン(Georges Kern)氏。

2002年~2016年までIWCのCEOとして采配を振るい、
IWCをラグジュアリーブランドへ導きだしたこと、「アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ」、
「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」とのパートナーシップを
実現したことでも知られます。

「IWC・ポルトギーゼ クロノグラフ クラシック ローレウス限定・IW390406」

世界で最も偉大なスポーツマンやスポーツウーマン、及びチームの栄誉を称える賞
ローレウス・ワールド・スポーツマン・アワード」を記念して生産された世界1000本限定モデル。
美しいブルー文字盤、 「イタリアが生んだ芸術品」と呼称される革靴の名門「サントーニ」社製
レザーストラップが装備されています。

 

まとめ

独立系ブランドとして長く君臨していたブライトリングですが、
2017年に投資会社「CVCキャピタル・パートナーズ」の傘下となり、
そのタイミングでジョージ・カーン(Georges Kern)氏が新CEOとして指揮をとることになり、
新生ブライトリングがスタートしました。
今後のブライトリングの戦略に要注目ですね。

ブライトリング・ナビタイマー商品一覧