ダイヤモンドの価値を決める『4C』って?

ダイヤモンドの価値を決める『4C』って?

商品を自分の目で確認できないネット通販では、ダイヤモンドジュエリーの購入にも不安がつきもの。

ですが、ダイヤモンドの質を決める世界的な評価基準(グレード)、『4C』について知っておけば、ネット通販でも安心してダイヤモンドジュエリーのお買い物を楽しむことができます。

ダイヤモンドの『4C』とは?

ダイヤモンドの質を左右し、その価値を決めるのは、「CARAT(カラット)」「CLARITY(クラリティー)」「COLOR(カラー)」「CUT(カット)」の4つの評価基準。ジュエリーの世界では、それぞれの頭文字をとって、これをダイヤモンドの『4C』と呼んでいます。

実物を見ることができなくても、『4C』それぞれの数値やグレードを比較すれば、どのダイヤモンドが上質なのかは一目瞭然。ダイヤモンドの『4C』を知れば、その質を客観的に判断し、見極めることができるのです。

[CARAT] カラットとは?

カラットは「ct」とも表示され、1カラット=1ct=0.2gとなります。

「大きさ」ではなく「重さ」を表す単位(重い=大きいダイヤモンドなので、間違いというワケではありませんが…)で、紀元前に宝石を量る錘(おもり)として使われていた豆「カロブ(CAROB)」が、その語源といわれています。

もちろん、カラット数が大きいほど重く大きなダイヤモンドということになり、価格、豪華さ、希少価値も高くなっていきます。

ただしカラット数だけが大きくても「CLARITY(クラリティー)」「COLOR(カラー)」「CUT(カット)」のグレードが低ければ、そのダイヤモンドは価値が低く、オススメはできません。

[CLARITY] クラリティーとは?

クラリティは、ダイヤモンドの透明度を表す基準です。キズ・欠け、インクルージョン(内包物)の大きさや性質などを鑑定した評価基準です。

【FL~IF】
10倍拡大で無傷、または表面の微小な欠点のみ。

【VVS-1~VVS-2】
10倍の拡大でも発見困難な、微小な欠点あり。

【VS-1~VS-2】
10倍の拡大でも発見が多少困難な欠点あり。

【SI-1~SI-2】
10倍拡大では発見が容易だが、肉眼での発見は困難な欠点あり。

【I-1~I-2~I-3】
肉眼で容易に発見できる欠点あり。

インクルージョンが多いと透明度が下がり、ダイヤモンド特有の輝きが損なわれるため、インクルージョンが少ない=透明度が高いほどグレードが高くなります。ただし、肉眼では見えないキズやインクルージョンであれば、着用時の美しさや満足度には、ほとんど影響はありません。

クラリティーのグレードを有名ブランドでも採用される【SI-1~SI-2】ランクに抑えることで、コストパフォーマンスに優れた、より豪華なダイヤモンドを選ぶことも可能です。

[COLOR] カラーとは?

ほとんどのダイヤモンドは完全な無色透明ではなく、実際にはかすかに色がついています。そのため、無色透明に近いものほど高く評価され、価格や希少性も高くなります。
逆に、ダイヤモンドが色味を帯びていると、その価値は下がっていきます。最も無色透明に近いダイヤモンドは「D」グレード。色味を帯びるに従い、E、F、G…Zまで評価が下がっていきます。

【D/E/F】ならば「無色」の最高評価。
【G/H/I/J】ならば「ほとんど無色」の高評価です。

強い色味を帯びたダイヤモンドは「ファンシーカラー」という、別の基準でグレーディングされ、より高い希少性や価値を生み出すこともあります。ダイヤモンドのファンシーカラーには黄色、赤、ピンク、青、緑があります。

[CUT] カットとは?

輝きを大きく左右するため『4C』の中でも最重要視する方の多い、ダイヤモンドの仕上げ技術に関する評価です。前述の3要素が、ダイヤモンドそのものの評価であるのに対し、カットは職人の技術によってその良し悪しが決定づけられます。

ダイヤモンドは、格好よく仕上げればいいわけではありません。経験豊富な職人の、緻密なプロポーションや角度計算に基づくカットによって、ダイヤモンドは初めて輝きを存分に発揮することができるのです。

【EXCELLENT】(最高)
【VERY GOOD】(高)
【GOOD】(並)
【FAIR】(低)
【POOR】(最低)

まとめ

ダイヤモンドの『4C』を知ることは、価格と品質のバランスが良い、自分にピッタリのダイヤモンドジュエリーを上手に選ぶための最初の一歩。今後、高品質でリーズナブルなジュエリーショップを見つける手助けとなれば幸いです。

それではまた。