自分で出来る!腕時計ブレスレットのお掃除方法とは?

自分で出来る!腕時計ブレスレットのお掃除方法とは?

腕時計は時間を教えてくれると共にファッションとしても身に付ける事もあります。
しかし、腕時計は直接肌に触れるものなので汚れやすいですよね。
特にブレスレットのコマとコマの間と裏蓋の溝は、汗や皮脂の汚れが溜まりやすく汚れがちですし、そのままにしておくとサビの原因になりかねません。

そこで先日、お客様から「ブレスレットの腕時計ってどうやって洗浄しているのですか?」というご質問をいただきましたので、腕時計の洗浄について自分でクリーニングする方法と専門店でクリーニングする方法の2つの方法をご紹介したいと思います。

自分で腕時計をクリーニングする!

まずは自分でクリーニングする方法をご紹介します。
ただ専門知識のない人が裏蓋を空けるのはやめましょう。
理由は腕時計を自分で分解してしまうと保証期間内であってもメーカーの保証が受けられなくなるので、自分でクリーニングする方法の場合は腕時計を磨いて綺麗にするのみとしましょう。

歯ブラシを使って汚れを落とす

歯ブラシの毛は新品やかためよりも柔らかいものを選ぶといいでしょう。

歯ブラシで作業する前にリューズが引き出されていないかチェックします。
お手入れの際に指が濡れていると、内部に湿気や水気が入ってしまうと故障の原因になりますのお気をつけて。

ベゼルとケースの隙間・裏蓋・ブレスレットのコマとコマの間やバックルは特に汚れが溜まりやすいのでしっかり磨きましょう。ブレスレットの汚れが酷い場合は歯ブラシに水やステンレス磨きなどをつけて磨くのもいいでしょう。
磨いた後は、水分が残らないようにしっかりと拭きとって乾かしましょう。

細かいところは爪楊枝で除去する

汚れを長い間放置しているとこびり付いてなかなか落とせなくなっていることがあります。

そんな時は爪楊枝を使って汚れを除去しましょう!
バックルやベゼルとケースの隙間など凸凹した部分では歯ブラシの毛先が柔らかくて取り除けない場合などは、ある程度硬さのある爪楊枝が大活躍します。

クロスまたはセーム革で磨く

クロスを使って、ケースやブレスレットを磨きましょう。

特にクロスはマイクロファイバーやセーム革など繊維の細かいソフトな触り心地の布で磨くと、手垢などの汚れを一気に取り除いてくれます。
特に風防は汗や皮脂がよく付着しますので、使用後は磨くクセをつけましょう。
実に単純なことですが、こういった日々のお手入れが腕時計を綺麗に保つことに繋がります。

クロスやセーム革も汚れてしまった場合は洗えるので非常にコスパも良いです。

超音波で汚れを落とす方法

シチズン 超音波洗浄器 SWT710

気軽に出来る方法では超音波の泡を利用した 超音波洗浄機を使った方法です。
超音波の微細な泡が発生と破裂を繰り返して、汚れを浮き上がらせる事によって汚れを落とす事が出来きます。

もちろん洗った後は水分が残らないように、乾いた布で拭き取り乾かしましょう。
*ケースは洗浄する事はできません。

弊社では、超音波洗浄機は販売してはいないのですが、シチズンから「シチズン 超音波洗浄器 SW5800」や「シチズン 超音波洗浄器 SWT710」などが販売されており金額も安いもので4000円程です。
自分で作業するのが手間という方は購入してみるのもいいかと思います。

専門店で腕時計をクリーニングしてもらう

弊社では残念ながらクリーニングのみは扱っておらずオーバーホールのみの受け付けとなっております。
オーバーホールでは分解掃除の作業になりますので、主な流れとしましては時計ケース(裏蓋)を開けてパーツの分解および洗浄、消耗の激しいパーツについては交換し、パーツを組みなおして注油、最後に動作のチェックを行います。

クリーニングのみ受け付けてるところを探してみるといくつかありました。

下記に記載します。

時計クリーニング.com

時計クリーニング COM
時計クリーニング COM

こちらのサイトでは、時計修理技師の方が様々な腕時計のクリーニングに対応していて、超音波による洗浄も行なってくれるようです。

その他、電池交換やポリッシュ(磨き)、オーバーホールなどオプションも豊富にあり、クリーニング事例やオプションご利用事例も掲載されておりますので、確認してみるといいでしょう。

ミスターミニット

ミスターミニット

靴は鞄などの修理・クリーニングなどで有名なミスターミニットですが、電池交換や簡易的に時計をクリーニングするサービスも受け付けているようです。

クリーニング内容は、時計の裏側・溝にたまった汚れのかき出し・磨きといった簡易的な内容のようです。
対応できる店舗と出来ない店舗があるようなので、事前に問い合わせてみるといいでしょう。

まとめ

上記のように腕時計のクリーニングは歯ブラシや爪楊枝といった身近なもので代用できるので、時間さえ惜しまなければ自分でクリーニングしたほうが効率的だと思います。
もし時計を購入してから3~4年経っているのであれば、各部品の摩耗や経年変化も考えてオーバーホールでメンテナンスする方がいいでしょう。

弊社でもオーバーホールを承っておりますので、是非お問い合わせくださいね。

レディースブランド腕時計のショッピングサイト
「BettyRoad(ベティーロード)」はこちら