簡単に出来る!ジュエリーのお手入れ方法

簡単に出来る!ジュエリーのお手入れ方法

大切な人からのプレゼントや自分へのご褒美で購入したジュエリーは、綺麗なまま長く大切に使いたいもの。

いざ着けようと手に取った大事なジュエリーに、

くすみや輝きが薄れてきたのに気づき、肩を落とした経験はありませんか?

ジュエリーは真心をこめてお手入れすることによって、いつまでも美しく使用することが出来ます。

簡単にクリーニング出来るケア方法をご紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

一番簡単なお手入れ方法

柔らかい布で拭き取るだけで大丈夫!

柔らかい布を持っていない・・・?
安心してください、心配ご無用です。

実は身近にある、あるもので誰でも簡単にケアできます。

その、あるものとは・・・?

なんと、皆様のご自宅にあるティッシュ代用可能なのです!

身に着けて外した時、ティッシュで軽く拭きとる、それだけ。

 

ホントにティッシュで大丈夫!?と不安に感じる方は、めがね拭きなどのクロスをオススメします。

汗や化粧品などの汚れをそのままにして使用し続けると、全体的にくすみがかって輝きが無くなってきます。

こまめに拭き取るだけでも輝きを維持することができます。

大切なジュエリーと一日を共に過ごしたら、すぐ綺麗なティッシュやクロスなどの布で拭いてあげてくださいね。

 

素材別お手入れ方法

 

ジュエリーといっても、付属している宝石によってお手入れの方法が変わってきます。

それぞれの宝石に適したお手入れ方法をご紹介します。

ダイヤモンド

硬度が高いので傷はつきにくいのですが、ダイヤモンドは油になじみやすい性質を持っているため

皮脂や汚れが蓄積しやすく、それが原因で光の反射を妨げてしまい、本来の輝きが失われてしまいます。

濁りのない透明感を保つため、こまめにお手入れをすることが大切です。柔らかい布でふき取ることで輝きが蘇りますが

拭いても取れない汚れは、水またはぬるま湯に数分間浸けておくと取れやすくなります。

裏側や細かい部分のしつこい汚れは、中性洗剤を歯ブラシにつけ、ダイヤモンド、そして地金の裏側まで丁寧に磨いていきます。

洗剤が残らないようにぬるま湯ですすぎ洗いをして洗剤を完全に落とし、柔らかい布でそっと水分を拭き取ります。

パール

パールは酸に弱く、汗などの汚れに対してとてもデリケートで

汚れが付着したまま放置しておくと光沢が鈍くなったり、場合によっては変色してしまいます。

そうなってしまったら念入りに手入れをしても残念ながら元には戻りません。

 

変色を防ぐためにも、使用後はやわらかい布で磨いてください。

また、水や汚れを内部に吸収しやすい性質をもっているので水洗いも禁物です。

日頃から、身に着けたらこまめに拭くようにしましょう。

カラーストーン

 

カラーストーンとは、文字通り色が付いている石です。

サファイヤ、キャッツアイ、ルビー、アクアマリン、トルマリンなどが挙げられますが

これらは硬度が高く作られています。

お手入れ方法はダイヤモンドと同じく、中性洗剤を歯ブラシにつけ丁寧に磨いていきます。

洗剤が残らないようにぬるま湯ですすぎ洗いをし、洗剤を完全に落としてからやわらかい布で水分を拭き取ったら完了です。

まとめ

いかがでしたか?

実はみなさんの身近にあるティッシュやクロスなどの柔らかい布でこまめにふき取るだけで

大切なジュエリーを美しい状態に保つことが出来ます。

あなたの輝きをより一層引き出すアイテム、ジュエリー。

一日を共にしたら、こまめにお手入れしてあげてくださいね。

 

ジュエリーのオンラインショップ

BettyRoad(ベティーロード)はこちら

 

ミニーちゃんのネックレスはこちら