910 スプリットセコンド クロノグラフ リミテッド【910.JUB】

910 スプリットセコンド クロノグラフ リミテッド【910.JUB】

今回はとても「特殊」な時計をご紹介します。
Sinnのスプリットセコンド クロノグラフ リミテッドです。

こちらのモデルはSinnの創立55周年を記念して発表されたモデルで、世界300本限定で生産されました
ところで皆様は、Sinnがどのようなメーカーかをご存知でしょうか?
ドイツの時計メーカーで、「特殊時計」のメーカーとして有名です。
Sinnの時計がどのように特殊なのかをご説明しましょう。
一番の特徴は、そのこだわりです。
着用するのシーンを想定し、特化したものづくりが得意なメーカーなのです。
ドイツの消防や警察などの公共機関に使用されているだけでなく、かつては軍へ航空時計の納品もおこなっていました。
鉄道の分野でも活躍しています。
Sinnの時計は、頑丈さにもこだわりがあります。
モデルによってはケースの素材に特殊加工が施されていたり。
ケース内の気密性を高め、金属の劣化を防ぐアルゴンガスを充填しているものもあります。
長く使用できる工夫がされていることが分かりますよね。
中古時計の買取をする際も、Sinnの時計は使用感や劣化が少ないものが多いように感じます。
実は私が所有している時計も、ドイツ製のものが多いのです。
時計のいたるところに真面目さやこだわりを感じられるところが魅力的です。
さて、今回ご紹介するモデルに話を戻しましょう。

こちらのモデル、一般的なモデルよりも少しケースが厚く見えますよね?
実はこの厚さには理由があります。
先ほどご紹介した通り、この時計にも多くのこだわりが詰まっているのです。
1番のこだわりは、やはりムーブメントでしょう。
このモデルにはバルジュー7750 自動巻スプリットセコンド クロノグラフ ムーブメントが搭載されています。
スプリットセコンドとはクロノグラフの一種です。

文字盤をよくご覧いただくと、細い針が2本あるのがお分かりいただけるかと思います。
メインの秒針と、独立した停止機能を備えた針との2本のクロノグラフ用の針により、ラップタイム、つまり中間地点から次の地点までの経過時間を計測することができるのです。
普段はクロノグラフ針と重なり作動します。
このような特殊な機能は、つい自慢したくなってしまいますよね。
裏蓋はスケルトン仕様になっております。


複雑なメカニズムを目でお楽しみいただけます。
青焼されたコラムホイールやストライプが刻まれたローターがとても美しいですよね。
「特殊時計」という説明をしましたが、デザインはとてもクラシカルでシンプルです。
2つ目クロノグラフも、アンティーク調で魅力的ですね。
洗練された機能とシンプルなデザイン。
Sinnが節目の年に発表した時計は、所有欲を満たしてくれる至高の一本と言えるでしょう。

FAVORITES by JACKROADの他の記事はこちら